HOME > 第25回開催(2013年5月)レポート


 平成25年5月10日(金)、11日(土)、12日(日)の3日間、須賀川市文化センターにおいて「第25回すかがわ国際短編映画祭」を開催。映画祭3日間で世界中からの選りすぐった短編映画32作品を上映。
 1日目は午後6時より「すかがわ国際短編映画祭」の生みの親である、金山富男作品2本、リバイバル作品3本の計5本を一挙に上映。
 2日目は台湾からのゲストである丁祈方氏をお迎えしてのゲストトーク、午前中は子供向け9作品、他5作品の上映。
 3日目は台湾作品「夜明け」を含む14作品を上映。

  映画祭 1日目
  映画祭 2日目
  映画祭 3日目
  映画祭実行委員の様子
  終わりに


午前10:00 アート&デザイン専門学校の学生制作オープニングCGで映画祭2日目がスタート。午前中は子供向け9作品の上映

作品「ボクはすぐに逃げたんだ 東日本大震災から学んだこと」と「子育てに希望を! 児童虐待のない社会のために」の監督、高木裕己氏登壇、上映

作品「ほんとの空」プロデューサーの中鉢裕幸氏、監督の高橋浩氏と脚本の山上梨香氏登壇、上映

プロデューサーの中鉢裕幸氏

監督の高橋浩氏

脚本の山上梨香氏

午後の部は主催者挨拶、橋本克也須賀川市長、深谷育子映画祭実行委員長の歓迎の言葉でスタート

橋本克也須賀川市長

深谷育子映画祭実行委員長

午後1時10分より台湾作品「未来への元気」の上映、監督・プロデューサーである丁祈方氏、実行委員である山名泉氏、堀江祐介氏の3人によるゲストトーク

丁祈方氏(左)、山名泉氏(中央)、堀江祐介氏(右)の3人によるゲストトーク

丁祈方氏、山名泉氏

丁祈方氏

ゲストトーク後、国内作品4作品の上映

作品「特別天然記念物 尾瀬」東京実行委員の金山芳和氏登壇、入院のため、参加できなかった東京実行委員であり、撮影の清水ひろし氏のメッセージを代読、上映

作品「日本の新しい翼―YS‐11」 東京実行委員であり監督の川本博康氏が登壇、上映

作品『「大きく育て!アオウミガメ」−小笠原の自然に生きる−』の監督・演出・脚本の井坂能行氏と、東京実行委員であり、撮影の三角善四郎氏が登壇、
上映。 写真:井坂能行氏

作品『「大きく育て!アオウミガメ」−小笠原の自然に生きる−』の監督・演出・脚本の井坂能行氏と、東京実行委員であり、撮影の三角善四郎氏が登壇、
上映。 写真:三角善四郎氏

作品「姑蘇繁華圖−18世紀蘇州の光と影」 編集の廣瀬充男氏(右)、東京実行委員であり監督の重森貝崙氏(左)が登壇、上映

午後5:30 2日目終映

すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市卸町37(卸町仮庁舎1階) Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp