坂網猟
-人と自然の付 き合い方を考える-
SAKAAMI, Traditional Wild Duck
Hunting:
Thinking About the Relationship
Between People and Nature



日本、2018 年、ドキュメンタリー、BD、42 分


第6 回グリーンイメージ国際環境映像祭 グリーンイメージ賞 
映文連アワード2018 部門優秀賞



企  画:加賀市文化財総合活用事業実行委員会
製作会社:株式会社工房ギャレット
プロデューサー:鈴木正義
監 督:今井友樹
撮 影:澤幡正範、伊東尚輝
音 楽:国広和毅
ナレーター:柴田 暦

  
片野鴨池(かたのかもいけ、石川県加賀市)で伝承される坂網
猟は、藩政期から続く伝統療法であり、池周辺を低く飛び越え
るカモに網を投げて捕獲する。空を自由に飛ぶカモをどうやっ
て捕まえるのか。なぜ坂網猟が300 年以上も前から片野鴨池で
伝承されているのか。伝統を守ってきた坂網猟師たちの姿と坂
網猟の技、片野鴨池の自然環境を紐解きながら、そのヒミツに
迫る。
Sakaami is a traditional wild duck hunting method dating
back to the Edo Period and continued at Katanokamoike Lake
in Ishikawa Prefecture. Hunters throw nets to catch ducks
flying low around the lake. The film delves into lake's natural
environment to shed light on the hunters and their skills.
 

すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市八幡町135 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp