Ⓒ文化庁・桜映画社



蒔絵 中野孝一のわざ
Maki-e: The Lacquer Art of NAKANO
Kōichi



日本、2018 年、ドキュメンタリー、35 ミリ、37 分


文部科学省特別選定
第92回キネマ旬報ベスト・テン文化映画8位(2018年)



企画:文化庁
製作:株式会社桜映画社
製作協力:東京国立近代美術館
     石川県立美術館
     サントリー美術館
製作:山本孝行
脚本・演出:土井康一
脚本協力:村山正実
演出助手:細矢知里
撮影:山屋恵司、藤原千史、今野聖輝
照明:佐藤大和、野本敏郎
録音:荒井富保
照明:佐藤大和、野本敏郎
録音:荒井富保
音楽:佃良次郎
効果:帆苅幸雄
編集:石井香奈江
ネガ編集:幸地甫之
タイトル:津田輝王、関口里織
録音スタジオ:アオイスタジオ
タイミング:郷田真理子
現像:IMAGICA ウエスト
ナレーター:斉藤とも子
  
中野孝一は、平成22 年、重要無形文化財「蒔絵(まきえ)」保
持者に認定された。漆で描いた下絵に金・銀粉を蒔き、紋様を
表す蒔絵は、1200 年以上の歴史を持つ日本の伝統的工芸技法で
ある。「漆の仕事とは、目に見えないところに神経を注いでい
くこと」と語る中野は、土台となる下地作りから、塗り、加飾
までを自ら手掛ける。本作は、数ある蒔絵技法の中で最も多く
の工程を有する肉合研出蒔絵(ししあいとぎだしまきえ)を用
いた「栗鼠に葡萄文蒔絵箱(りすにぶどうもんまきえはこ)」
が完成するまでの工程を克明に記録した。
In 2010 Nakano Kōichi was named a Holder of an Important
Intangible Cultural Property: Maki-e, a title more popularly
known as Living National Treasure. Maki-e is the 1,200-yearold
Japanese art of sprinkling powdered gold, silver, and other
precious metals onto lacquer designs. True to his conviction
that the finest care must be given precisely to parts that will
not be seen, Nakano executes every step of the lacquer work
himself, from preparing the surface of the wooden base to
creating the lacquer ground and applying the ornamentation.
This film follows Nakano at work on a new project featuring
“shishiai togidashi maki-e”, or “raised and burnished maki-e,”
one of the most involved and complicated techniques in the
craft.
 

すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市八幡町135 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp