HOME > 第31回開催 ゲスト紹介


 第31回開催ゲストトーク  



日時:2019年5月11日(土)13:10~

百瀬義行氏、西村義明氏をお招きしてお話を伺います!  
 
上映 作品  
『サムライエッグ』 

《作品のあらすじ》
野球好きな少年シュンは、元気な小学生。
しかし、シュンにはひとつだけ友だちと違う
ことがあった。彼は生まれた時から極度の
たまごアレルギーに悩まされていた。
ある日、シュンは、母の留守中に誤ってた
まご入りのアイスクリームを口にしてしまう。
突如、シュンの身体に異変が起きる。
そのとき、シュンがとった行動とは―。

企画・製作会社:スタジオポノック
脚本・監督:百瀬義行
プロデューサー:西村義明
音楽:島田昌典
声の出演:尾野真千子、篠原湊大、坂口健太郎

 ©2018 STUDIO PONOC
   
 上映 作品  
capsule SF 三部作
『ジュディ・ジェディ』
 
 
《作品のあらすじ》

コンピューターを活用した新しいアニメーション
のスタイルを求め続けた百瀬義行と、多方面
で活躍する音楽プロデューサーであり作曲家
でもある中田ヤスタカ。ふたりのコラボは、「ポータブル空港」「space station No.9」「空飛ぶ都市計画」という3本のPVで結実しました。
その三作品を一本の作品としてまとめたのが
「ジュディ・ジェディ」。
実は主人公の女の子の名前なのです。

企画・製作:株式会社スタジオジブリ
原案&音楽:中田ヤスタカ
絵コンテ&監督:百瀬義行
アニメーション制作:スタジオジブリ
 
©2006 Studio KAJINO
   
   
~ ゲストのご紹介 ~ 
   
百瀬 義行
《アニメーション演出家》

1953年、東京都生まれ。高畑勲監督作品『火垂るの墓』(88年)での原画担当を機に、スタジオジブリへ入社。以降、『おもひでぽろぽろ』(91年)『平成狸合戦ぽんぽこ』(94年)で絵コンテ作画を担当。95年、ジブリCG室創設に参加し、『もののけ姫』(97年)では、CGパートにおいて重要な役割を担い、『ホーホケキョ となりの山田くん』(99年)では演出として新たな映像表現を作り上げた。『ギブリーズ episode2』(02年)で劇場作品初監督を務めた後、「ハウス食品 おうちで食べよう シリーズCM」の演出(03年)、監督(04年)やcapsuleのプロモーション・ビデオ「ポータブル空港」(04年)、「space station No.9」(05年)「空飛ぶ都市計画」
(05年)、新垣結衣PV「piece」(09年)の監督も務め、レベルファイブのゲーム「ニノ国」(10年)のアニメーションパート演出、「ニノ国 白き聖灰の女王」(11年)アニメーション監督、「二ノ国Ⅱ レヴァナントキングダム」(18年)のキャラクターデザインがある。また、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』(13年)では、飛翔場面とラストのシーン設計を担当。スタジオポノックでは、JR西日本CM「Summer Train」(15年)の演出を担当し、ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』の1編の『サムライエッグ』(18年)で脚本・監督を務めた。
   
 Yoshiyuki Momose 《Japanese Animation Director》
 Born in 1953, in Tokyo. Joined Studio Ghibli.inc at the opportunity of him assigned to the original picture work of “Grave of the fireflies”(1988,directed by Isao Takahata). Afterward, he was in charge of the storyboard of “Only Yesterday”(1991) “Pom Poko”(1994). In 1995, heparticipated in the foundation of Ghibli CG office, then he took an important role in the CG part of “Princess Mononoke”(1997). As a directorhe challenged a new style of animation cells on movie at “My Neighbors the Yamadas”(1999). He took a chief director of “HOUSE FOODSCORPORATION ‘Let’s eat home’ series CM”(2003), “Portable Airport”(2004), “space station No.9”(2005), “A Flying City Plan”(2005), YuiAragaki’s PV “piece”(2009) , after his first work as a chief director of theatrical film “Ghiblies episode 2”(2002). Besides, he engages in videogame genre; a director of animation part of “Ni no Kuni”(2010), a chief director of “Ni no Kuni: Wrath of the White Witch”(2011), a characterdesign for “Ni no Kuni 2 Revenant Kingdom”(2018). In addition, he designed the flight scene and the last scene for “The Tale of the Princess Kaguya”(2013, directed by Isao Takahata). As far as Studio Ponoc is concerned, he directed JR West’s CM “Summer Train”. In the“Modest Heroes: Pnoc Short Films Theatre”(2018) which consists of three short stories: “Kanini & Kanino”, “Life ain’t gonna lose” and “Invisible”, he participated in “Life ain’t gonna lose” as a screenwriter and a chief director.
   
 
   
   西村 義明《プロデューサー(スタジオポノック)》

1977年、東京都大田区生まれ。米国留学後、02年、スタジオジブリに入社。宮崎駿監督初のTVCM『おうちで食べよう。』シリーズ(04年、ハウス食品)から宣伝業務に関わり、次いで『ハウルの動く城』(04年)、『ゲド戦記』(06年)、『崖の上のポニョ』(08年)の宣伝を担当。スタジオジブリ洋画アニメーション提供作品『王と鳥』(06年)、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー作品『チェブラーシカ』(08年)で宣伝プロデューサーを務めた。企画制作に約8年を費やした初の長編プロデュース作品『かぐや姫の物語』(13年、高畑勲監督)が、第87回米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門ノミネート。長編2作目となる『思い出のマーニー』(14年、米林宏昌監督)が、第88回米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされた。2015年4月に、アニメーション制作会社スタジオポノックを設立し、代表取締役/プロデューサーを務める。スタジオポノック長編第一回作品『メアリと魔女の花』(17年)、ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』(18年)をプロデュース。
   
 Yoshiaki Nishimura 《Japanese Producer(Studio Ponoc)》
 Born in 1977 in Tokyo. Joined Studio Ghibli.inc in 2002 after studying in the U.S. He took a role in the promotion of TV commercial “HOUSE FOODS CORPORATION ‘Let’s eat home’ series CM”(2004, directed by Hayao Miyazaki, his first directed TV commercial). He was also in charge of publicity for “Howl’s Moving Castle”(2004), “Tales from Earthsea”(2006), “Ponyo”(2008). He worked as a publicity producer for “Le Roi et l’Oiseau”(2006) and “Cheburashka”(2008). “The Tale of the Princess of Kaguya” (2013, directed by Isao Takahata) which took 8 years to complete to produce was nominated for The 87th Academy Awards for Best Animated Feature in the U.S. Besides, “When Marnie Was There” (2014, Directed by Hiromasa Yonebayashi) was nominated for The 88th Academy Award for Best Animated Feature in the U.S. In April 2015, he founded an animation production “Studio Ponoc” and has been working as CEO and a producer. He produced ”Mary and The Witch’s Flower” (2017, the first feature film by Studio Ponoc ) , as well as “Modest Heroes: Pnoc Short Films Theatre” (2018).
 






すかがわ国際短編映画祭実行委員会  福島県須賀川市八幡町135番地 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp