HOME > 第30回開催 上映予定作品 > Birth -つむぐいのち-






Birth-つむぐいのち-

Birth-Weaving life-


2015年、ドキュメンタリーアニメーション、BD
19分4秒

つながっていく、いのちの誕生と不思議。実写では取上げづらい出産という題材を妊婦の視点で描いたドキュメンタリーアニメーション。
3名の女性の出産体験をアニメーション作家が映像化したオムニバス作品。
第1夜「はじめまして」安産を願いウォーキングと食事制限を続ける女性。準備万端で迎えた出産はまるでジェットコースターのようだった。
第2夜「ありがとう」あたたかな部屋、見守る家族。ゆったりとした音楽の中繰り返される波。
第3夜「水の中の妊婦」夜、水の中で起きた妊婦。破水した事を知り病院へ行くも生まれる気配無く、やっと陣痛がきたが…

Connecting birth and the miracle of life.
This is a documentary animation that depicts the point of view of a pregnant woman on the theme of childbirth,
one that it is difficult to portray in a live-action film.
This animation documentary is an omnibus film animated by an animation artist who produced the birth experiences of three women.
The 1st night "Nice to meet you".
A woman who wishes an easy delivery and continues walking and dietary restriction.
The childbirth with full preparations is just like a roller coaster.
The 2nd night "thank you".
The family, watching over her in a warm room. A wave that repeats throughout the relaxed music.
The 3rd night "Pregnant woman in the water"
A pregnant woman, woke up in a pool of water at night.
She realizes that her waters broke and goes to hospital, however there is no sign of her baby being born,
but she has a labor pain at last… 

宮城・仙台アニメーショングランプリ2016(グランプリ)、Los Angeles Documentary Film Festival(ベスト監督賞)、
西東京市民映画祭(グランプリ)、映文連アワード2016(優秀企画賞)、
Calcutta International Cult Film Festival(インド)ベスト女性監督賞、福井映画祭(アニメーション部門グランプリ)ほか

企画・製作:若見ありさ、CHILD POKKE
企画・総合監督:若見ありさ
制作:CHILD POKKE
プロデューサー:大橋弘典
監督・アニメーション:荒井知恵、こぐまあつこ、若見ありさ
脚本:安藤さち子、薮本千秋、若見ありさ
音楽:松本祐(旧字体の示右)一、タカハシペチカ
音響:橋本裕充
ナレーション:野々歩
演奏:大須賀かおり(ROSCO)、甲斐史子(ROSCO)、カーク(ヒネモス)
編集:大橋弘典
ラインプロデューサー:面高さやか
制作進行:梶家麻実
MA: Studio Balsa Micos
取材協力:吉村医院、 内山睦子
協力:イラン・グェン
助成:文化庁文化芸術振興費補助金






すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市八幡町135 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp