HOME > 第30回開催 上映予定作品 >須賀川、復興への歩み






須賀川、復興への歩み

Progress for Revitalization in Sukagawa


2018年、ドキュメンタリー、BD
25分

2011年3月11日、巨大地震が発生。
須賀川市は、震度6強の強い揺れに襲われ、ダムの決壊、建物や道路の破壊など大きな被害を被った。
さらに、福島第一原子力発電所の重大事故により、放射線の脅威にさらされ、目に見えない不安と対峙することを余儀なくされた。
こうした困難な状況の中で、須賀川市の人々が、何を感じ、どう動いてきたか。震災後から現在、よりよい未来へ向けての復旧・復興の歩みをたどったドキュメンタリー。

A huge earthquake occurred on March 11, 2011.
Sukagawa city was hit by a strong shake with an intensity of 6-upper, and it suffered serious damage such as dam failure, and building and road destruction.
Furthermore, due to a serious accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, we were compelled to face radiation threats and unseen anxieties. Under these difficult circumstances, what have people in Sukagawa felt and how have they acted? This is a documentary which traced the process of restoration and reconstruction towards a better future from after the earthquake to the present day.

企画・製作:株式会社金山プロダクション
制作・撮影:金山芳和
構成・編集:川崎けい子





すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市八幡町135 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp