HOME > 第30回開催 上映予定作品 >Born,bone,墓音。





Born、bone、墓音。

born、bone、boon 



2016年、ドラマ、BD
20分


新婚の等は、嫁・優子を紹介するため、故郷の粟国島に帰ってきた。
しかし、本当の帰郷理由を告げた途端、優子は大激怒。「東京へ帰る!」とわめきちらす。
その理由とは、島で受け継がれてきた風習「洗骨」だったのだ……。
言葉を失った母、頑固者の兄、心を閉ざした連れ子の娘……そして父親の骨。
バラバラだった家族が、骨を洗う儀式を通し、本当の自分と出会うハートフルコメディー。
粟国島に今なお残る「洗骨」というシリアスなテーマが、
ゴリ監督の真骨頂である「笑えて泣ける」コメディーとして、心にしみる作品に。


Hitoshi has returned to his hometown of Agunishima to intro-duce his wife,Yuko,to the family.
But,Yuko is furious when she’s told the reason for the trip home.
The true purpose was for the“senkotsu”ceremony-Agunishima’s continuing custom of cleansing the bones of the dead.
This is a heartwarming comedy of a disconnected family discovering their true selves through the ceremony of cleansing bones.
While dealing with the serious subject of Agunishima’s still remaining“senkotsu”custom,
the film is an inspiring piece by director Gori,who shows his best in creating a comedy that brings laughs and tears.


・【日本】SSFF&ASIA2017
ジャパン部門優秀賞/東京都知事賞
・【日本】SKIP City International D-Cinema Festival
観客賞
・【日本】Sapporo International Short Film Festival
観光庁長官賞/市民審査員賞
・【アメリカ】Asian Film Festival of Dallas
ベストドラマ賞
・【ルーマニア】Kinofest
ワールドパノラマ部門入選


企画・製作:よしもとラフ&ピース、沖縄テレビ開発
監督:ゴリ
製作:山里孫存
脚本:ゴリ
撮影:大城学
照明:鳥越博文
音楽:巻く音
美術:濱田智有希
録音:横澤匡広
編集:宮良貴史



すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市八幡町135 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp