HOME > 第30回開催 上映予定作品 >蒔絵 室瀬和美 時を超える美




蒔絵 室瀬和美 時を超える美

Maki-e by KAZUMI MUROSE Beauty Beyond Time"



2017年、ドキュメンタリー、BD
39分


平成20年、重要無形文化財「蒔絵」保持者に認定された室瀬和美さん。
室瀬さんは漆芸家であった父・春二と同じ道を志し、近代漆芸を代表する作家・松田権六、田口善国らを師に、
漆芸の技法や創作姿勢について学びました。
映画では、恩師から教えを受けた大切な言葉「ひとに学ぶ」「ものに学ぶ」「自然に学ぶ」を基本にして、
新たな素材に挑戦する姿など、作品を制作する過程を縦軸とします。
さらに文化財修復を通して古典に学び、その技法・素材を現代の作品に取り入れようとする姿、
室瀬さんの創作に対する考え方、国内外に日本の漆の価値を発信・伝承する姿を横軸にしています。
こうして現代を生きる漆芸家・室瀬和美さんの創作に挑戦する様子、その心の有りようを丁寧に記録しました。              



Kazumi Murose was designated a holder of Important Intangible Cultural Property for his maki-e art by the Japanese government in 2008.
He followed in the footsteps of his father, urushi artist Shunji Murose,
and studied under such modern urushi masters as Gonroku Matsuda and Yoshikuni Taguchi. They taught him to “learn from people,”
“learn from objects,” and “learn from nature.”
This advice became the basis of the processes Murose employs in the quest to produce works in new materials. In addition,
he learns from traditional Japanese lacquerwork by conserving cultural works and incorporating their materials
and techniques into his contemporary pieces. This film presents how Murose achieves this,
his views on creating works, and how he shares and passes on the values of Japanese urushi work,
both at home and abroad. It is a meticulous record of the method and spirit behind the creative endeavors of Kazumi Murose,
an urushi artist living in the present day.



企画:公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団
製作:株式会社毎日映画社"
プロデューサー:橋本淳
監督:柿沼智史
撮影:小金澤輝明
照明:齋藤直樹
録音:佐多恵之
助監督:古賀志信
ナレーション:檀ふみ







すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市八幡町135 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp