HOME > 第30回開催 上映予定作品 >ひいくんのあるく町




ひいくんのあるく町

The Road He Walks: A Story of He-Kun


2017年、ドキュメンタリー、DCP
47分

日本映画大学卒業制作作品として製作されたドキュメンタリー映画作品。
舞台は、監督である青柳拓の出身地である山梨県西八代郡市川三郷町。
知的障害者で町の人気者『ひいくん』。
人通りの少なくなった商店街を毎日歩き回る彼に密着し、町民たちとの交流の中から「ふるさと」のこれからを見つめ、
少子高齢化を迎えた時代に地域社会の「本当の豊かさ」とは何かを問う。
「僕の記憶の故郷には、いつも彼が歩いていた」

This is a documentary film work produced as a graduation production work by a student at Nihon Film University.
The stage of this film is Ichikawamisato-cho, Nishiyasiro-gun, Yamanashi-prefecture,
the hometown of Taku Aoyagi, the director of this film.
There is a man called He-kun there. He-kun is a mentally disabled and a popular person in the town.
This is a documentary film that closely follows to him as he walks around the empty shopping streets everyday,
looking at the future of their "Hometown" through exchanges with the townspeople,
in an era of declining birthrates and an aging population
What is wealth in the truest sense for a local community?
‘In my memory’s hometown, he was always walking.’


映文連アワード2017 準グランプリ

企画・製作:日本映画大学
監督:青柳拓
プロデューサー・録音:植田朱里
副プロデューサー:熊澤海透
撮影:山野目光政
録音:福田陽
編集:朝野未沙稀
題字:渡井秀彦(ひいくん)
製作:日本映画大学




すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市八幡町135 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp