HOME > 第29回開催 上映予定作品 > 障害のある子 障害のない子 ちがいを認めて助け合おう   







障害のある子 障害のない子 ちがいを認めて助け合おう
Children with Disabilities and without Disabilities, Recognize the Difference and Help Each Other


2016年、DVD
株式会社 映学社
企画・制作統括:髙木裕己



イラストを用いたクイズや、クラスでの話し合いの風景を映し、「障がいのある子もない子も一人の個性を持った人間であり、
障がいによる不得意なことは、周囲が「合理的配慮」で手助けをする必要がある」ことをわかりやすく示します。
そして、障がいの症状や特性に応じた「合理的配慮」の実例を紹介し、お互いのちがいを認め合うこと、
思いやりを持ちながら助け合って生活することの大切さを強調します。
     

                  
This film shows illustrated quizzes and class discussions, to easily indicate that
"Children with disabilities and children without are all individual people with individual personalities.
And a weekness due to disability needs 'logically considered' support from the people around them.
Furthermore, it introduces examples of ‘logical considerations’ that accomodate for various disability conditions and peculiarities.
It emphasizes that recognizing the differences in each other and helping each other with consideration is very important.



文部科学省特別選定 2016年教育映像祭優秀作品賞





すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市牛袋町5 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp