HOME > 第29回開催 上映予定作品 > 現代の主役 ウルトラQのおやじ


(c)円谷プロ




現代の主役 ウルトラQのおやじ
Present Leading Role, Father of Ultra Q
(c)円谷プロ


1966年6月2日放送、BD
TBS
監督・脚本:実相寺昭雄



社会的に話題になっている人物をとりあげる、TBSで放送されたドキュメンタリー・シリーズ「現代の主役」の中の一本。
1966年6月2日放送。
「特撮の神様」として世界に知られ、当時放送中だった『ウルトラQ』でお茶の間にも名前が浸透した円谷英二の生の姿を追う。
M1号とラゴンが怪獣の将来について円谷英二監督にインタビューしたり、
特撮現場での様子や円谷英二が自らを語る姿などの貴重な映像が見られる。
TBSの先鋭的ディレクターであった実相寺昭雄が円谷英二の日常に密着して、様々な姿を切り取り、演出したことで、
まるで夢のような独特の雰囲気に仕上がっている。



This is part of documentary series on social issues called 'present leading role', telecasted by TBS on June 2, 1966.
This film follows the director Eiji Tsumuraya, who is known to the world as God of special effects.
His name began spreading among families due to the broadcasting of 'Ultra Q' in those days.
We can see valuable images of interviews with Eiji Tsumuraya, as he speaks about the future of the monsters of M1 and Ragon,
special effects, and himself.
Akio Jittsoji, who was a radical director at TBS related closely to Eiji Tsumuraya's daily life and exposed to his various figures,
directed this film.
It was completed into a distinctive atmosphere exactly like a dream.





すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市牛袋町5 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp