HOME > 第29回開催 上映予定作品 > 北京の食文化 PARTⅡ







北京の食文化 PARTⅡ  The Food Culture of Beijing: part Ⅱ


2017年 1月、DVD
一般社団法人 中日文化研究所
研究・演出:重森貝崙



北京の食文化には際立った特徴がある。
第一は北京に住む人々の階層によって異なる食文化で、庶民が日常的に食べているのは、マントウなどに代表される小麦粉食品の小吃である。
その一方で、皇帝が住む紫禁城には、豪華絢爛たる宮廷料理が存在した。
そして皇帝たちは漢民族だけでなく、元の時代はモンゴル族、清の時代は満洲族であり、その民族の食文化が北京に根付いたのである。
第三には、回族などの人々によって、イスラムの食文化が広められたことで、羊肉のしゃぶしゃぶ料理は、
豚肉を食べないイスラム教信者の食習慣でもあった。
第四に皇帝の君臨する都・北京には、中国全土からその地域を代表する料理が集まってきた。
このように、様々な要素が各々主張しあいつつも、一つに溶け込んだのが北京の食文化なのである。



The food culture in Beijing, China has striking features.
To begin with, the food culture is different depending on social classes in Beijing.
The common people usually ate Xiaochi, food made of wheat flour, such as mantou etc.
On the other hand, magnificent court cuisine existed in the Forbidden City where the Emperor lives.
And emperors are not only the Han race but also Mongolian in the Yuan dynasty,
Manchurians in the Qing dynasty, each food culture, which each dynasty and race had rooted in Beijing as a result.
Additionally, the food culture from Islam was spread through Hui people.
Mutton shabu-shabu was a eating habit for islamic people, who don't eat pork.
Finally dishes to represent the areas all over China where the emperor reigns are gathered in Beijing,
the capital of China. Like this, various elements influence each other and merge into one.
This is the food culture of Beijing. (While various elements influence each other, the food culture of Beijing has melted into one.)






すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市牛袋町5 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp