HOME > 第29回開催 上映予定作品 > 広島原爆 魂の撮影メモ(映画カメラマン 鈴木喜代治の記した広島)







広島原爆 魂の撮影メモ(映画カメラマン 鈴木喜代治の記した広島)
Hiroshima Bomb, Illusive Photography Memos/Hiroshima, where A Cinematogarapher Kiyoji Suzuki Noted Down


2017年、BDHD
企画/株式会社 日映映像・能勢広
製作/能勢広・能勢プロダクション



1945年9月、旧日本学術研究会議原子爆弾災害調査研究特別委員会によってなされた広島の被害調査の記録を、当時の日本映画社が撮影。
その生物・植物の調査の様子を、日映の鈴木喜代治カメラマンが26ページの撮影メモに記録を記していた。
本作品は、この撮影時に記された撮影データーとスケッチ、その時に撮影されたショット、
それと現在の広島市内の様子を見せながら、鈴木カメラマンの苦悩と平和の尊さを訴えた29分の短編記録映画。



September of 1945, a Japanese Film Company at that time shot records of the damage investigation in Hiroshima,
done by the former Japan Science Council's Special Committee for Atomic Bomb Disaster Survey and Research.
A cameraman, Mr. Kiyoji Suzuki from that Japanese film company made a photographic record of the research of living things and plants,
he wrote down his findings through 26 pages of photographic memos.
This is a short documentary film of 29 minutes, that shows the cameraman Suzuki's suffering and nobility of peace,
while showing the photography data and sketches of the time, and shots that were photographed then, and the current state in Hiroshima-shi.





すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市牛袋町5 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp