HOME > 第27回開催(2016年5月)レポート
 第28回開催(2016年5月) レポート ‐ report -  


 平成28年5月14日(土)と15日(日)の2日間、須賀川市文化センターにおいて「第28回すかがわ国際短編映画祭」を開催。世界中からの選りすぐった短編映画29作品を上映。

 1日目は午前10時、アート&デザイン専門学校生徒によるオープニングCGと開会宣言で「第28
回すかがわ国際短編映画祭」が開幕。 午前は子供向け作品6作品、午後は「私の名はエラザ」の上映に合わせ、アゼルバイジャンより監督のザーラ・イマーエワ氏をお迎えしてのゲストトーク。
午後は7作品の上映。
 

  2日目は午前8作品、午後9作品の上映。
 (内、1作品は再上映の「私の名はエラザ」の上映。)


  タイムテーブル
  映画祭 1日目
  映画祭 2日目
  映画祭実行委員の様子
  終わりに


 
  映画祭1日目 2016年5月14日(土)

 午前10時 国際アート&デザイン専門学校の学生制作オープニングCG、
 開会宣言で映画祭1日目がスタート。午前中は子供向け6作品の上映。
   ★国際アート&デザイン専門学校の学生制作
  オープニングCGスタート

  映画祭実行委員、総合司会の佐伯英俊による
  映画祭開会宣言
 
   ★ノルウェー作品「魔法の時間」の紹介、
  東京実行委員/北欧短編ドキュメンタリー映画研究家の
  須山玲子氏登壇、作品解説。
   ★午後1時、主催者挨拶
  深谷育子映画祭実行委員長、橋本克也須賀川市長の
  歓迎の言葉。
  須賀川市マスコットキャラクター「ボータン」登場。

    (写真:ボータンと深谷育子実行委員長)
     (写真:橋本克也須賀川市長)
   
   ★ゲストトークに先立ち、ゲスト作品「私の名はエラザ」を
  上映。上映後、アゼルバイジャンよりお越しの監督
  ザーラ・イマーエワ氏と、ロシア語通訳で制作に携わった
  岡田一男氏の両名、
  東京実行委員会代表の金山芳和氏の3名による
  ゲストトーク。

  (写真:左より、岡田氏・監督・金山実行委員)
     (写真:ザーラ・イマーエワ監督)
     (写真:岡田一男氏とザーラ・イマーエワ監督)
     (写真:ザーラ・イマーエワ監督)
   
   ★作品「紅」佐々木麻衣子監督登壇、作品紹介。
 
   ★作品「瀬戸黒−加藤孝造のわざ−」制作会社、
  桜映画社様より菊地瑞恵氏登壇、作品紹介。
 
   ★総合司会、実行委員の須田智博へ バトンを渡す
 
   ★作品「芭蕉布−平良敏子のわざ−」
  東京実行委員会であり映画研究家の戸田桂氏登壇、
  作品解説。
 
   ★作品「芭蕉布を織る女たち−連帯の手わざ−」企画
  公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団様より
  栗田香穂氏登壇、作品紹介。
 
  ★作品「湯島聖堂・原三七と冊子「中国菜」−戦後日本に
  おける中国食文化の普及・啓蒙をめざして−」
  東京実行委員であり研究/映像演出の重森貝崙氏と
  語りの山川建夫氏登壇、作品紹介。


   (写真:重森貝崙氏)
   

   (写真:山川建夫氏)
 


すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市牛袋町5 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp