HOME > 第27回開催(2015年5月)レポート
 第27回開催(2015年5月) レポート ‐ report -  

 平成27年5月9日(土)と10日(日)の2日間、須賀川市文化センターにおいて「第27回すかがわ国際短編映画祭」を開催。世界中からの選りすぐった短編映画31作品を上映。
 1日目は午前10時、アート&デザイン専門学校生徒によるオープニングCGと開会宣言で「第27回すかがわ国際短編映画祭」が開幕。午前は子供向け作品9作品、午後は『「灯り続けた街の明かり」〜みちのくの医師の信念〜』の上映に合わせ、プロデューサー瀬川徹夫氏と出演の後藤康文医師の両名をお迎えしてのゲストトーク。続いて6作品の上映。
 2日目は午前7作品、午後9作品の上映。


  タイムテーブル
  映画祭 1日目
  映画祭 2日目
  映画祭実行委員の様子
  終わりに


 
  2015年5月10日(日)
 アート&デザイン専門学校生徒制作による映画祭オープニングCG、開会挨拶に続き、2日目の上映スタート。
 午前中7本の国内外作品を上映。
   ★アート&デザイン専門学校の学生制作
  オープニングCG
 
 
   ★イスラエル作品「ユージェニア」、「リフレクションズ」の
  紹介、映画評論家の渡部実氏登壇、解説。
   ★作品「原発の町を追われて(オリジナル版)」
  撮影・編集・ナレーションの堀切ひとみ氏登壇、
  作品紹介。
 
 
   ★作品『「ただいま」〜の声を聞くために〜』
  監督・録音・編集/協映の田辺信道氏登壇。
 
 
   ★作品「鬼来迎」
  企画の(公財)ポーラ伝統文化振興財団の機関紙
  「伝統と文化」編集長、栗田香穂氏登壇、作品紹介。
 
   
   ★作品「名塩雁皮紙〜谷野剛惟のわざ〜」
  撮影の佐々木博司氏登壇、作品紹介。
   
   ★作品「柿右衛門-にごしで-」
  撮影の故 金山富男氏のご子息であり、
  東京実行委員会代表、カメラマン金山芳和氏登壇、
  作品紹介。
 


すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市牛袋町5 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp