HOME > 第26回開催(2014年5月)レポート
 第26回開催(2014年5月) レポート ‐ report -  


 平成26年5月10日(土)と11日(日)の2日間、須賀川市文化センターにおいて「第26回すかがわ国際短編映画祭」を開催。世界中からの選りすぐった短編映画26作品を上映。
 1日目は午前10時、アート&デザイン専門学校生徒によるオープニングCGと開会宣言で「第26回すかがわ国際短編映画祭」が開幕。午前は子供向け作品9作品、午後は8作品の上映。
 2日目は作品「生きもの〜金子兜太の世界〜」の上映に合わせ、俳人・金子兜太氏と監督・日向寺太郎氏の両名をお迎えしてのゲストトーク。午前中5作品、午後4作品の上映。

  タイムテーブル
  映画祭 1日目
  映画祭 2日目
  映画祭実行委員の様子
  終わりに


 
 アート&デザイン専門学校の学生制作オープニングCG、
 開会挨拶に続き、2日目の上映スタート。午前中5本の国内外作品を上映。
   ★作品「世阿弥の能」企画の
  (公財)ポーラ伝統文化振興財団の早川均氏登壇、
  作品紹介。
   ★作品「Ting Dong」制作会社パワーハウスから
  制作・監督・撮影の竹内実氏登壇、作品紹介。
   ★デンマーク作品「9メートル」、
  東京実行委員であり北欧短編・ドキュメンタリー映画研究家
  須山玲子氏による解説。
 
 
   ★イスラエル作品「卒業作品」の紹介、
  映画評論家の渡部実氏登壇、解説。
 
  
   ★午後1時、主催者挨拶、橋本克也須賀川市長。
   
   ★深谷育子映画祭実行委員長の歓迎の言葉。
   
   ★須賀川市マスコットキャラクター
  「ボータン」登場。
      
   ★作品「生きもの〜金子兜太の世界〜」の上映、
  ゲストトーク。俳人の金子兜太氏登壇。
    
    ★作品「生きもの〜金子兜太の世界〜」の上映、
  ゲストトーク。
  監督の日向寺太郎氏(左)
  俳人の金子兜太氏(右)
    
    ★作品「生きもの〜金子兜太の世界〜」の上映。
  俳人の金子兜太氏、監督の日向寺太郎氏、
  司会者の益永涼子氏の3人によるゲストトーク。
   
    ★作品「生きもの〜金子兜太の世界〜」の上映、
  ゲストトーク。
  監督の日向寺太郎氏 
    
   ★ゲストトーク後、エントランスにてサイン会。 
    
   ★アメリカ作品「リトル東京レポーター」
  監督/プロデューサーのJeffrey Gee Chin (右)、
 チーフプロデューサーのFumiko Carole Fujita(左)、
 広報担当兼通訳の郷崇倫氏(次写真・右)が
 アメリカから応援に来場し登壇、作品紹介。
 サプライズの映画祭参加でした!
 
   
 


すかがわ国際短編映画祭実行委員会 福島県須賀川市牛袋町5 Tel : 0248-88-9172 E-mail : sukagawa.film.fes@speedbb.jp